基本操作

TOPへ戻る

1. 画面構成

  1. タイトル
  2. マップ切り替えボタン
  3. 情報パネル
  4. 連続スクロールボタン
  5. 背景地図の表示切替
  6. 地図移動ボタン
  7. スケールスライダー
  8. 広域図
  9. スケールバー

機能ボタン一覧

ボタン 説明
緯度経度、距離、面積を計測します。
→「計測・ルート検索
図形や文字を作図します。
→「作図
最短経路(ルート)を検索します。
→「ルートを検索する
現在のマップの状態(表示範囲や施設の選択状態など)をリンク情報として表示します。
→「リンクを表示する
施設を検索します。
 
住所を指定して、その周辺の地図を表示します。
→「住所検索をする
大阪市の全体図を利用して、地図の移動をします。
→「広域図を利用する
現在表示しているマップの凡例を表示します。
→「マップの凡例を確認する
地図や施設情報を印刷したり、画像として出力します。
→「情報共有と印刷
マップナビおおさかのヘルプを表示します。
→「ヘルプを表示する

2. ヘルプを表示する

画面右上の「ヘルプ」ボタンをクリックします。
ヘルプが表示されます。

3. 地図を移動する

マウスの左ボタンを押したまま移動方向へドラッグします。
地図移動ボタン上でボタンを押下し続ける方法もあります。
地図の左上にある連続スクロールボタンを押下し続けると、連続的に地図の移動ができます。

4. 地図を拡大/縮小する

マウスのホイールを回転します。
スライダーバーを利用する方法もあります。

5. 広域図を利用する

大阪市の広域図を利用して、地図の移動を行います。
※再度「広域図」ボタンをクリックすると、広域図が非表示になります。
「広域図」ボタンをクリックすると、広域図が表示されます。
広域図で、移動先をクリックすると、その地点に地図が移動します。

マップの操作

TOPへ戻る

1. 背景地図を切り替える

このサービスでは、「案内用」「地形図」「航空写真」の3 種の背景地図を用意しています。
※表示しているマップによって、使用できる背景地図の種類が異なります。
背景を切り替えるには、地図の右上にある、背景名称のボタンをクリックします。

2. マップを切り替える

地図の表示後、マップの表示を切り替えることができます。
マップの種類は以下のとおりです。
カテゴリ 小分類(マップ)
施設情報マップ 施設情報
統計情報マップ 人口増減率、人口密度、人口総数。世帯総数、人口密度増減率
防災情報マップ 浸水想定区域図、震度分布予想図、防災関連施設
地価情報マップ 固定資産税路線価、地価公示 地価調査、相続税路線価
まちづくり情報マップ 都市計画関連、土地利用現況、大阪市交通バリアフリー重点整備地区
白地図 地形図航空写真
ここでは、「防災情報マップ」の「防災関連施設」に切り替える手順について説明します。
画面上中央にある「マップ切り替え」ボタンをクリックすると、マップ切り替えモードに変わります。
目的の地図が含まれるカテゴリ(防災情報マップ)が中央表示されるまで、画面の右端と左端にある矢印のボタンをクリックします。
※右上の「×」をクリックすると、マップ切り替えモードを解除できます。
マップの小分類(防災関連施設)をクリックで選択します。
選択した地図によっては、利用規約が表示されます。
「同意する」をクリックすると、選択した地図が表示されます。
※マップ切り替えボタンには、現在表示しているマップの名称が表示されます。

3. レイヤを切り替える

マップは、複数のレイヤ(地図データ)で構成されています。
例えば「施設情報マップ」は施設の種類ごとにレイヤが分れており、「統計情報マップ」は、作成年度ごとにレイヤが存在します。
マップを構成するレイヤの表示を切り替えるには、「情報パネル」の「表示切替」タブを利用します。
(例)「防災情報マップ」の「防災関連施設」にある「広域避難所」を非表示にする方法
あらかじめ防災関連施設を表示しておきます。
「情報パネル」の「表示切替」タブを表示します。
レイヤ一覧が表示されます。

レイヤ名の左横にあるチェックボックスで表示/非表示を切り替えます。
チェックの入った種別のみ、表示されます。

4. マップの凡例を確認する

画面上部の「凡例」ボタンをクリックします。
※マップによっては、凡例が存在しないものがあります。
表示しているマップの凡例が表示されます。

5. 特定の施設のみ表示する

1つの施設のみ絞り込み表示し、それ以外の施設を非表示にすることができます。
絞り込みの基準となる施設をクリックします。
クリックした施設が選択表示され、「情報パネル」に施設情報が表示されます。
「選択済み以外のアイコンを表示」のチェックを解除します。
選択された施設以外の図形が非表示になります。

作図

TOPへ戻る

1. 作図の概要

このシステムでは、地図上に多種多様な図形を書き込むことができます。
さらに、作図内容を保存して、他のユーザと共有することができます。
作図を行うには「作図」メニューから行います。
使用方法は以下のとおりです。
※「作図」メニューで作図した図形は、ブラウザを閉じると削除されます。

「作図」メニューについて

  1. 各種図形を新規に追加する
  2. GPS情報付き写真ファイルを取り込む
  3. 作図図形を保存する
  4. 地図上の作図図形を一括削除する
  5. パネルを閉じる

2. シンボルを作図する

「作図」メニューの「シンボル」をクリックします。
マウスポインタの形状が「+」になります。
シンボルの配置位置をクリックします。
シンボルが配置されます。

3. テキストを作図する

「作図」メニューの「テキスト」をクリックします。
マウスポインタの形状が「+」になります。
テキストの配置位置をクリックします。
「文字を入力してください」と書かれたテキストが配置されます。
テキスト内容を入力し、必要に応じて文字サイズと色を選択します。
「更新」ボタンをクリックすると、設定が反映されます。
パネル右上の「×」をクリックし、パネルを閉じます。

4. 線を作図する

「作図」メニューの「線」をクリックします。
マウスポインタの形状が「+」になります。
線の頂点位置を順にクリックします。
※直前に入力した点を削除するには、「Backspace」キーを押します。
「Enter」キーを押し、図形を確定します。

5. 面を作図する

「作図」メニューの「面」をクリックします。
マウスポインタの形状が「+」になります。
面の頂点位置を順にクリックします。
※直前に入力した点を削除するには、「Backspace」キーを押します。
「Enter」キーを押し、図形を確定します。

6. 円を作図する

「作図」メニューの「円」をクリックします。
マウスポインタの形状が「+」になります。
円の中心位置をクリックし、円周上の一点をクリックします。
図形が確定します。

7. 楕円を作図する

「作図」メニューの「楕円」をクリックします。
マウスポインタの形状が「+」になります。
楕円の左右端を順にクリックします。
図形が確定します。

8. 位置情報付き画像を取り込む

GPS 機能が付いたカメラで写真を撮影すると、写真が位置情報を持ちます。
その位置に点を表示することができます。
「作図」メニューの「GPS 情報付き写真の取り込み」で「参照」ボタンをクリックします。
アップロードする画像の保存先とファイル名を指定します。
「開く」ボタンをクリックします。
選択した画像ファイルが持つ位置情報をもとに、点が作図されます。

9. 図形を保存する

作図した図形を保存し、必要に応じてリンクを作成します。
「作図」メニューの「保存」ボタンをクリックします。
確認のメッセージが表示されたら「OK」ボタンをクリックします。
リンク情報を表示するか確認するメッセージが表示されます。
「OK」ボタンをクリックすると、リンクが表示されます。
表示されているURL をコピーするか、メールとして送信します。
「閉じる」ボタンをクリックします。
※URL をコピーするには、「クリップボードへコピー」ボタンをクリックします。
※リンク情報をメールで送信するには、「メール送信」ボタンをクリックします。

編集

TOPへ戻る

1. 図形のスタイルを変更する

作図した図形のスタイルを編集します。
スタイルを変更する図形をクリックします。
図形メニューが表示されます。

「色変更」ボタンをクリックします。
「スタイル編集」パネルが表示されます。
線や塗り潰し、シンボル設定を変更します。
スタイルが更新されます。

「閉じる」ボタンをクリックしてパネルを閉じます。
線を選択して図形メニューを表示すると、線種を選択することができます。
線種は、「実線」「点線」「一点鎖線」の3種類から選ぶことができます。

スタイルの変更方法

  • 色:プレビューをクリックすると、色選択パネルが表示される
  • 透過:つまみを右にずらすほど透過度が増す
  • 太さ:▼をクリックして、太さを選択する

  • シンボル:7種類から選択する

色選択パネルの使い方

  1. ○をドラッグして濃淡や明度を変更する
  2. つまみを上下して、色相を変更する
  3. 設定後の色のプレビュー
  4. 設定前の色のプレビュー
  5. RGB値やHTMLコードで色を指定する

2. 文字内容やスタイルを変更する

変更対象の文字をクリックします。
図形メニューが表示されます。

文字内容や文字サイズ、色を変更します。
変更内容が反映されます。

メニュー右上の「×」をクリックして閉じます。

3. 図形の頂点を編集する

頂点の移動

編集対象の図形を選択します。
頂点にハンドル(□)が表示されます。
移動対象のハンドルにマウスポインタを近づけます。
そのまま移動方向へドラッグします。

頂点の追加

頂点を追加したい辺の中央にある□にマウスポインタを近づけ、そのまま追加する位置にドラッグします。

頂点の削除

削除対象の頂点にマウスポインタを近づけ、そのままクリックします。

4. 図形を削除する

指定した図形を削除します。
削除する図形をクリックします。
図形メニューが表示されます。

「削除」ボタンをクリックします。
図形が削除されます。
※作図メニューの「図形をクリア」ボタンをクリックすると、作図した図形を一括で削除することができます。

属性

TOPへ戻る

1. 属性とは?

地図を構成する図形は様々な情報を持ちます。
例えば、施設のシンボルであれば施設名称を、統計情報マップの図形であれば人口などの統計値を持ちます。
このような、図形が保持する情報のことを「属性」と呼びます。
このシステムでも、それらの情報を参照することができます。

2. 属性を参照する

主題地図上の図形が持つ属性を参照します。
ここでは、施設情報マップのシンボルの属性を参照します。
情報を参照したい施設にマウスポインタを近づけます。
そのままクリックして選択します。
情報パネルの「情報表示」タブが表示され、クリックした施設が強調表示されます。

計測・ルート検索

TOPへ戻る

1. 緯度経度を計測する

クリックした位置の緯度経度を調べます。
同時に住所も表示されます。
画面上部の「計測」ボタンをクリックします。
計測メニューが表示されます。
「緯度・経度」ボタンをクリックします。
緯度経度を計測したい位置をクリックします。
吹き出しで緯度経度と住所が表示され、計測地点にマーカーが表示されます。

2. 距離を計測する

指定した2点間の距離を表示します。
画面上部の「計測」ボタンをクリックします。
計測メニューが表示されます。
「距離」ボタンをクリックします。
計測の開始点、経由点、終点をクリックします。
※直前に入力した点を削除するには、「Backspace」キーを押します。

「Enter」キーを押します。
計測結果が表示され、線が作図されます。

3. 面積を計測する

指定範囲の面積を計測します。
画面上部の「計測」ボタンをクリックします。
計測メニューが表示されます。
「面積」ボタンをクリックします。
計測範囲の頂点を順にクリックします。
※直前に入力した点を削除するには、「Backspace」キーを押します。

「Enter」キーを押します。
計測結果が表示され、面が作図されます。

4. 計測結果を削除する

指定した計測結果を削除します。
削除する計測結果をクリックします。
計測結果が表示されます。

「削除」ボタンをクリックします。
図形が削除されます。
※計測メニューの「計測結果をクリア」ボタンをクリックすると、計測結果を一括で削除することができます。

情報共有と印刷

TOPへ戻る

1. リンクを表示する

作図した図形情報や地図の表示範囲などを参照するためのリンク(URL)を発行することができます。
※作図図形のリンクを表示する方法は、「図形を保存する」でご確認ください。

画面上中央にある「URL取得」ボタンをクリックします。
「リンク」パネルが表示されます。
※施設情報の属性情報パネルを表示した状態でリンク表示の操作を行うと、パネルを開いた状態を保持できます。
 属性情報パネルの表示については「属性を参照する」をご参照ください。
表示されているURL をコピーするか、メールとして送信します。
※URLをコピーするには、「クリップボードへコピー」ボタンをクリックします。
※リンク情報をメールで送信するには、「メール送信」ボタンをクリックします。


「閉じる」ボタンをクリックします。

3. 地図画像を出力する

画面右上にある「印刷」ボタンをクリックします。
「地図印刷プレビュー」ウィンドウが表示されます。
印刷レイアウトを選択します。
※印刷レイアウトは施設を選択している場合のみ選択できます。
「属性表示なし」を選択した場合は、画像に追加するオプションを選択します。

「画像保存」ボタンをクリックします。
「ファイルのダウンロード」ダイアログが表示されます。
※選択できるオプションは以下のとおりです。
  • 方位記号表示
  • スケールバー表示

「保存」ボタンをクリックします。
「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
ファイルの保存先と名称を指定します。
※ファイルの種類はGIFと決まっているため、変更できません。
「保存」ボタンをクリックします。
指定条件で、画像が保存されます。
※作図図形がある場合、その図形も画像に含まれます。

白地図の印刷・出力

TOPへ戻る
あらかじめ白地図マップを表示しておきます。
地図をクリックすると画面左にメッセージが表示されます。マウス操作等で
印刷したい位置を中心に合わせます。
(任意の位置をダブルクリックすると、その場所を中心にすることができます)
表示されている地図の中心(印)を中心として印刷・出力されます。

画面右上の「印刷・画像出力」ボタンをクリックします。
印刷・出力用のパネルが表示されます。

1. PDF を出力する

PDF の縮尺と用紙サイズ、印刷の向き、座標情報の有無を選択します。

「表示(PDF ダウンロード)」ボタンをクリックします。
PDF の出力が行われます。
PDF に対する処理を選択します。
ファイルを保存する場合は「保存」ボタンをクリックします。
ファイルの保存先と名称を指定します。

「保存」ボタンをクリックします。
ダウンロードが完了すると「ダウンロードの完了」ダイアログが表示されます。
ダウンロードしたファイルに対する処理を選択します。
  1. ファイルを開く
    ダウンロードしたファイルを開きます。
  2. フォルダーを開く
    PDF が保存されたフォルダを開きます。

2. 印刷・画像出力を行う

「印刷・画像出力」欄の「印刷プレビュー表示」ボタンをクリックします。
印刷プレビューが表示されます。
印刷または画像出力を行います。
  1. →「印刷する
  2. →「地図画像を出力する
※作図した図形も印刷・出力されます。

付録

TOPへ戻る

1. 各マップの利用規約

各マップの利用規約は以下のURLよりご覧ください。

2. お問い合わせ先

このシステムについてのお問い合わせは、下記の連絡先にお願いいたします。
大阪市都市計画局 計画部 都市計画課(情報化施策担当)
電話: 06-6208-7851